【コットンor手】化粧水はどちらで塗るとお肌は喜ぶの?

【コットンor手】化粧水はどちらで塗るとお肌は喜ぶの?

スキンケア

スキンケアをする際に、化粧水をコットンで付けるか手で付けるか迷ったことはありませんか?

化粧水はコットンと手と付けた場合、それぞれメリットデメリットがあります。

この化粧水の付け方について、くわしく解説しますので参考にしてみてくださいね!

化粧水をコットンで付けるメリット

コットンパックをする女性

化粧水をコットンで付ける人は、「清潔そうだから…。」と理由の人が多いです。手で付けた場合、きれいな手で付けないと雑菌が付いている場合があるからです。

コットンで付けると、雑菌の心配はありませんし、保湿効果が高くなる効果もあります。
また、手で付けるとムラがでやすいのですがコットンだと均一に付けることが可能。

乾燥が目立つ、目元や小鼻のあたりもコットンでしっかり密着させることができます。
乾燥が気になる人は、そのままコットンパックをして保湿ケアができるのもうれしい特徴の一つです。

化粧水をコットンで付ける場合の注意点

コットンの種類にもよりますが、なかには繊維が皮膚に残ってしまう場合もあるので注意しましょう。
また、敏感肌さんにはコットンで摩擦が起きて刺激となり、肌トラブルの原因になることもあります。

コットンで化粧水をつける場合は、力加減や正しい使い方を知ることが大切です。

化粧水を手で付けるメリット

化粧水を手で塗る女性

化粧水を手で付けると、直接お肌を触れるのでその時の肌コンディションがわかるのがメリットと言えます。
また、化粧水を手で温めてから付けることで角層に浸透しやすくもなります。

コットンの繊維にお肌が負ける心配もないので、敏感肌の人は手で付ける方がおすすめ。手に必要なだけ出して使えるので、一度に使用する量も抑えられてコスパの面でも良心的ですよ。

化粧水を手で付ける場合の注意点

手で化粧水を付けるとどうしてもムラが出やすくなります。また、手のひらに出したあとこぼれやすいので注意が必要。

一番気を付けないといけないことは、化粧水を付ける前の手は清潔にすることです!
雑菌が付いたままの手でお肌に付けてしまうと、ニキビなどができて肌トラブルになる場合もあります。

自分のお肌が喜ぶ付け方を見つけよう!

今回は、化粧水を付けるときはコットンと手とどちらがいいの?ということについて詳しく説明してみました!
人のお肌や自分が求める仕上がりや肌質によって使い分けてみてくださいね。

敏感肌やお肌のコンディションを確認したい人は手で、保湿ケアをしっかりしたい人はコットンがおすすめですよ♡

自分のお肌が喜ぶ方法をみつけてくださいね!