おしゃれ女子に流行中!抜け感メイクのポイント解説

おしゃれ女子に流行中!抜け感メイクのポイント解説

others

最近、メディアや雑誌などでよく耳にする「抜け感」という言葉。おしゃれ女子ならやってる人が多いらしいけど、実はおしゃれな抜け感メイクのやり方がよく分からない!こんな女子も多いんじゃないでしょうか?

流行のメイクが分からないのは、あなただけではありません。

おしゃれ女子も、はじめから抜け感メイクが分かっていたんじゃなくて、きっと何度もチャレンジしながらコツを掴んでいったのです。今回は、おしゃれな抜け感メイクのポイントを紹介しますよ。

抜け感とは「こなれ感」ということ

近年、流行の「抜け感」という言葉。実は、その言葉の意味がよく分かっていない方も多いのではないでしょうか?正直に言うと、わたしも抜け感について学ぶまで「なんとなくこういうことだろう」ぐらいの認識だったんです。

抜け感とは、こなれ感が1番言葉のニュアンスとして近いんじゃないでしょうか。メイクでカッチリした雰囲気にせず、ちゃんとしている中にもやわらかさを演出するものだからです。

あくまでも、きちんとしたメイクに見せないだけで、メイクの手を抜くわけではありませんよ。「手を抜いてメイクをしても良い」こととは、またちょっと違うので気をつけてください。

メイクで抜け感の出し方をマスターすると、顔全体のバランスが取りやすくなります。あまりにもカッチリとしたメイクをしている人の場合、ラフなシーンに合っていなかったり、圧を感じてしまったりするケースもありますよね。

場所やコーデに合わせやすいので、おしゃれな女子は抜け感メイクをやっていることが多いですよ!

アイメイクのポイント

抜け感メイクですがまずはアイメイクのポイントからチェックしていきましょう♪

1.すだれまつげで優しい雰囲気を出そう

抜け感メイクでは、まつげは「すだれまつげ」にするのがポイントです!

すだれまつげとは、まつげにカールをかけずに、まるですだれのように目にかけるメイクのこと。使うアイテムを変えるんじゃなくて、まつげにカールをかけるかどうかで変えます。

ビューラーまでしっかりすれば、目はパッチリしますよね。でも、カールをしすぎると大きく見開いた目に見えることもあるんです。カールをつけない場合は、やわらかくナチュラルになりますから圧も感じません。

まつげが上がりづらくていつも苦戦しているのなら、いっそのこと「抜け感」を出すために、すだれまつげにするのも1つの手です。

2.アイラインを引かない?

アイラインを綺麗に引くと、目が大きく見えますよね。このアイメイクに、しっかりチークとリップをしたら、ちょっと重たく感じるかもしれません。

アイシャドウとマスカラを使えば、アイラインを引かなくても目を強調できますよ!まつげの間に隙間ができるから、軽い雰囲気になるわけです。

3.アイシャドウは一色だけ

アイシャドウを何色か使って、グラデーションにするのはメイクの基本です。ところが、意外に単色で塗るのも人気がありますよ!何色もアイシャドウを使ったときとは、また違った軽さを出せるのです。

チークのポイント

続いて抜け感メイクのポイントはチークです。ほんのり色づいた頬は女子力アップのポイントでもあるんですが、やりすぎてしまうと抜け感は出せません。

自然なカラーを入れて血色感を出す

アイメイクで赤系のカラーを使用した場合は、チークを入れずにメイクを完成させることで抜け感を出すことがあります。

しかし、顔色が青白い場合、チークを入れなければリップが浮いてしまうケースも。そんなときは、ベージュのチークを入れてみましょう。

頬骨に沿ってベージュのチークを入れると、血色感を出しつつ抜け感も上手に出せるんですよ。肌の色と似ているから、わざわざベージュのチークを入れる意味が分からない!なんて人もいるかもしれませんが、こんな意味があったんですね!

リップのポイント

続いての抜け感メイクはリップのポイントです。

1.透けたリップで軽やかさを出す方法

マットでしっかり発色するリップを抜け感メイクで使うと、重く見えてしまいます。透けたように発色するリップを使えば、カラーはそのままに軽やかな雰囲気を出せるのです。透明感を重視したリップのことを、「シースルーリップ」と呼ぶこともあります。

元の唇の雰囲気を残しつつ、内側から血色感が出ているシアーな発色をするリップです。様々なシーンで使いやすいので、ぜひ使ってみてください。

リップ選びのポイントとしては、マットなものではなく、ツヤ系のリップを選ぶようにしましょう。

Love&Make編集部おすすめのリップは、クリアな抜け感を演出してくれる、ヌーディでさりげないカラーがうれしいヴィセリシェのクリスタルデュオ。

Amazonから引用

こちらはピンクカラーですがカラバリも豊富でおすすめです♪

2.グラデーションで唇を小さく見せる方法

メイクで目立つポイントとなる、赤リップも可愛いですよね。ところが、唇に厚みのある人が赤リップをするとリップが強調されてしまいます。こんなときには、グラデーションにして唇を小さく見せるテクニックがおすすめですよ。

リップメイクが映えるように、唇のケアをしませんか?Love&Makeでは、唇ケアの方法も紹介しています。合わせてご覧ください。

ガサガサの唇へ潤いを与えたい!リップの簡単セルフパックを紹介

「唇の乾燥が気になるから、集中してケアをしたい。」毎日の中でふと、そう考えるとき…
loveandmake.jp

おしゃれな抜け感メイクをしてでかけよう!

日常では、様々なシーンがありますから、似合うメイクも変わってきます。きちんとメイクも良いけれど、ラフな格好でも構わないときは、抜け感メイクで柔らかい雰囲気にするのも良いんじゃないでしょうか?

あなたの印象が変わったことに、気づいてくれる人がいるかもしれませんよ。