オフィスメイクの30代におすすめのやり方とは?色を上手に取り入れて

オフィスメイクの30代におすすめのやり方とは?色を上手に取り入れて

未分類

30代に入ると

「メイクで可愛いカラーばかり使っていていいのかな?」

「落ち着いた色を使いこなさないといけないなぁ。」

と考える人もいるのではないでしょうか?

10代、20代の頃と同じようなメイクをしているのもなんだか浮いてしまう気がしますし、かといって「落ち着いたメイクってどうすれば!?」とちょっと気になっている人もいますよね。

実は、使う色をきちんと選んだりメイクの引き算をしたりするだけで、抜け感がありながら落ち着いたメイクが作れます。

今回は、30代女性向けのオフィスメイクを紹介します。
メイクでカラーの使い方が苦手な人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オフィスメイク30代はどうする?

カーキはオフィスに合いやすい


今まで、目元を黒のアイライナーでしっかり縁取っていませんでしたか?

黒からオフィスに合いやすいカーキのマスカラやアイライナーに変えれば、目元に抜け感を作れます。カーキをそのまま使うと決まりすぎてしまう場合は、少しパールの入ったものを使うのがおすすめです。

抜け感のあるカーキを目元に使う分、リップメイクは少し強調しましょう。全体のバランスを整えることで、流行のメイクを表現できます。

深みのあるグリーンは目立ちすぎずに目力強調

グリーンを使うメイクには、派手な印象を持つ人もいるかもしれません。

しかし黄味がかっている色なので、グリーンは日本人の肌色に合いやすいんです。さらに深みのあるグリーンなら目元を引き締められますし、落ち着いた印象も出せます。しっかりした黒を使うよりも雰囲気が出しやすく、人に注目させる効果も期待できますよ。

カーキメイクのやり方

【カーキメイク】目元のメイク方法

まず、まぶたにアイシャドウをのせます。アイライナーとマスカラにカラーを使うので、色を抑えてパールを感じるアイシャドウを選んでください。目頭部分へ「くの字」を描くようにアイシャドウを入れると、目元に立体感を出せたり目元を明るく見せたりできます。

カーキのアイライナーを使って、目のキワに引きます。上まぶたの目尻からちょっとはみ出すぐらいに線を引き、カラーを強調させるのがコツです。アイライナーが引きにくい人は、片方の手でまぶたを引き上げるのがおすすめ。

まつ毛はビューラーなどを使ってあらかじめ上げておきましょう。上げておいたまつ毛にカーキのマスカラを塗るのですが、このとき根元をしっかり押し上げるように塗ると、美しいまつ毛が作れます。

【カーキメイク】口元のメイク方法

リップライナーを使って輪郭をしっかり作ってしまうと、控えめで古風な雰囲気になります。ラフさを出すために、リップは直塗りがおすすめです。リップを塗るときは、角を使って輪郭を描いてください。赤リップが目立つのが気になる場合は、輪郭をぼやかしてグラデーションにします。

グリーンメイクのやり方

【グリーンメイク】目元のメイク方法

まず、目頭から黒目部分までを黒のアイライナーで引きます。左右に小刻みに動かしながら引くと、目元をさりげなく引き締められるのです。次に深みのあるグリーンを、黒目上から目尻まで引いてください。目尻のアイライナーを綿棒でぼかすと、ナチュラルに見せられます。

Love&makeでは、メイクに関する情報を発信しています。ポイントメイクも大事ですが、土台となるベースメイクのこと、きちんと考えていますか。以下の記事も合わせてご覧ください。

美肌を作るベースメイクのやり方を紹介!透明感のあるお肌に

くすみやクマなど、肌の悩みって尽きないですよね。「美肌を作るベースメイクを覚えて…
loveandmake.jp

以下の記事では、アイライナーが滲むときの解決法を6つ紹介しています。実は、表情による摩擦が原因になっているかも?ちょっとした手間をかければ滲まなくなるかもしれないので、確認してみてくださいね。

アイラインが滲むときの簡単解決法6選!

「アイラインがすぐに滲んでしまうのでなんとかしたい。」 あなたは、アイラインの滲…
loveandmake.jp

【グリーンメイク】透けた質感の赤リップも似合う

赤リップと聞くと「パキッ」とした強い色味からオフィスではちょっと敬遠している方も多いかもしれませんが、質感は色々あるのでオフィスでも合う赤リップをチョイスしてみましょう。

オフィスシーンには、みずみずしく透けた質感の赤リップがおすすめ。しっかり塗りがちなところを軽やかにつけることで、みずみずしさと色の存在感の両方を満たせます。

赤リップを塗るときは、ベースメイクにも気をつけてくださいね。せっかく軽やかにしたいのにきちんとカバーしたメイクでは、重い印象になってしまうのです。ニキビやシミなどをナチュラルにカバーしたベースメイクが好相性♪

オフィスメイクでは色を味方につけて抜け感を出そう

30代向けのオフィスメイクを紹介しました。メイクでポイントになることは「どれだけ引き算ができるかどうか」です。どうやって色を使いこなせばいいのか分からなかった人は、少し視点を変えてオフィスメイクにチャレンジしてみませんか。似合わないと諦めていた色が、似合うかもしれませんよ。