ノーファンデメイクとは?そのメリットやコツを5つ紹介

ノーファンデメイクとは?そのメリットやコツを5つ紹介

ベースメイク

美容に興味を持つと、時々耳に入る「ノーファンデメイク」という言葉。ファンデを塗らないメイクに疑問を持ち、なかなか実践できない人も多いのではないでしょうか?けれども実は、ノーファンデメイクならではのメリットもあるんですよ。

今回は、ノーファンデメイクはどんなメイクなのかということや、ノーファンデメイクを続けるためにやるといいこと、メリットなどを説明しています。

ノーファンデメイクってなに?

名前の通り、ファンデを使わないメイクをノーファンデメイクといいます。ベースメイクにファンデを使わないことで、すっぴん風のメイクに仕上がるのです。最近はいかにもメイクをしているような厚塗りではなく、ナチュラルな雰囲気が流行しています。

オーガニック志向の人も多くなり、ナチュラルな綺麗さが求められる時代なのですね。ノーファンデメイクとはいうものの、ベースメイクを何もしないわけではありませんよ。土台の保湿を怠らず、下地で肌に透明感があるように見せるのです。

ノーファンデメイクを続けるためにやるといいこと

毛穴のケアをしっかりとしよう

毛穴が開いていると、ナチュラルな綺麗さを出すのは難しいです。肌悩みを整えるには洗顔がポイント。泡洗顔で洗顔をした後は、手早く保湿します。スキンケアに、定期的にシートマスクを加えるのもおすすめ。けれども、シートマスクは長時間貼っていると逆に乾燥してくるので、パッケージに書かれている使用時間を守ってください。

年齢に応じたケアを取り入れてみよう

加齢と共に乾燥小じわが増えやすくなります。乾燥対策をして、乾燥小じわが今以上に増えないように気をつけてください。化粧品でできてしまったシワをなくすことは難しいからです。コラーゲンにより肌の表面をしっかり保湿すれば、目立たなくする効果が期待できますよ。

ノーファンデメイクのメリットを紹介

ファンデは肌悩みを目立たなくしてくれるなどメリットがある一方で、長い時間付け続けると肌に負担となる可能性があります。敏感肌のため、できるだけ肌に負担となるものを付けたくない人もいますよね。ノーファンデメイクなら、ファンデを塗ってるときと比較すれば肌の負担を軽減できます。だから、毎日ファンデを塗るよりは肌を休ませられるんですよ。

ノーファンデメイクは肌にナチュラルな軽やかさを演出します。ファンデを使っていたときに感じていた、ヨレや乾燥などの悩みが軽くなるのです。

ノーファンデメイクはこんな人に向いている

しっかりメイクでとことん綺麗に見せたい人より、肌のことを考えたい人におすすめ。多くの美意識の高い女性がノーファンデメイクをしています。

しっかりファンデを使っていると、クレンジングに力を入れてしまうもの。力を入れて肌をこすると、肌に負担となり必要な油分や水分も一緒に落としてしまうことがあります。

肌トラブルが繰り返し発生して悩んでいる人や、肌への負担を軽くしたい人にノーファンデメイクは向いているといえるのです。

ノーファンデメイクのコツ5つを紹介

①ファンデをベビーパウダーにしてみよう

普段しっかり塗っているファンデをベビーパウダーにするのが、ノーファンデメイクのおすすめです。ベビーパウダーは赤ちゃんの肌にも使えるため、肌が弱くても使いやすいのが特徴。

また、サラサラと軽やかなので肌にのっている感覚が少ないのもポイントが高いですよ。

しかしベビーパウダーは、サラサラゆえに乾燥しやすいのが難点。ですから、しっかり保湿してくれる化粧下地を使ったりベビーパウダーの使用量を少なくしたりと使い方を工夫しましょう。

Love&Makeでは、化粧下地の選び方を解説しました。以下の記事も合わせてご覧くださいね。

化粧下地選び方のポイントは?正しい下地選びのコツを知ろう | Love&Make

皆さんは化粧下地を選ぶとき、どんなポイントを基準に選んでいますか? 化粧下地の色…
loveandmake.jp

②しっかりと眉毛を描こう

眉毛をしっかり描くのが、ノーファンデメイクの大事なところ。お肌は休ませても、ポイントメイクは念入りに行います。眉毛の描き方を変えるだけで健康的な雰囲気や優しい雰囲気など、さまざまな雰囲気を演出できるんです。眉頭はぼかして眉尻は濃くすると、綺麗な眉毛が作りやすくなりますよ。

③気になる部分はコンシーラーで隠そう

くすみや小じわなど、ケアしてもどうしても気になる悩みはあるものです。ノーファンデメイクと言っても、気になる部分はコンシーラーなどで隠してしまいましょう。厚塗りをせずに、ピンポイントで塗るのがおすすめ。指でコンシーラーを叩き込むように塗れば、メイクによって悩みを目立たなくしてくれるでしょう。

④ナチュラルな血色感をプラス

ノーファンデメイクといえども、チークを塗らないわけではありません。

肌に近い仕上がりをイメージして、チークはほんのりと塗るようにします。頬骨をメインにぽんぽんとチークをのせれば、自然な仕上がりに。

チークはどうしても塗り過ぎて困っている場合は、パフや指についたチークを蓋や手の甲で一度落としてから肌に塗るといいですよ。パレットから取ったチークを直接肌につけないわけですね。

⑤リップはヌーディーなカラーを使おう

唇の色は、顔全体の印象を左右します。極端な話ですが、真っ赤な口紅を使っている人と茶色い口紅を使っている人とでは、雰囲気が異なるんです。

ノーファンデメイクではナチュラルに見せるために、ヌーディーな口紅を使うのがおすすめですよ。ヌーディーな口紅を使うことで唇だけが浮いて不自然にならず、ちょうどいいバランスになります。

ノーファンデメイクに挑戦してみませんか?

今まで肌悩みがあるからと、ファンデを厚塗りしていた人も多いのではないでしょうか。

肌質は人それぞれなので、ファンデが合う人もいればノーファンデメイクが合う人もいます。ファンデを厚塗りしていた人は、ノーファンデメイクに挑戦してみませんか?ノーファンデメイクの方が、肌に合っているかもしれませんよ。