ファンデーションスポンジの交換目安と日々のお手入れ方法

ファンデーションスポンジの交換目安と日々のお手入れ方法

others

ファンデーションスポンジって毎日使ってると汚れが気になってきますよね。

そのまま使うとお肌に悪そうだし、皮脂の汚れが付いてメイクにムラができ、知らず知らずの内に厚塗りメイクになってしまうことも。

ではスポンジの交換の目安って一体どれくらいなのでしょうか?
そして日々どんなお手入れをしたらいいのでしょうか?

そんなお悩みをお持ちのみなさんに、スポンジの交換タイミングとお手入れの仕方を教えちゃいます。

きれいなスポンジでお化粧のノリもUPさせちゃいましょう。

メイクスポンジの交換目安はどこを見ればいい?

いくら使い心地の良いスポンジでも、洗えば新品の状態に戻るわけではありません。

毎回洗っていると、だんだん使い勝手が悪くなり、そのまま使い続けると化粧のノリが悪くなったり肌荒れの原因になってしまいます。

そこでスポンジを交換するわかりやすい目安は手触りなんです。スポンジの弾力がなく、手触りが悪くなったら交換するようにしましょう。

また手触りや感触が変わらなくても、メイク中にきれいに仕上がらないなと感じた時も交換の合図。あまりボロボロになるまで使い続けないようにしましょうね。

スポンジをお手入れせずに使い続けると・・・

スポンジは毎日肌に触れるものです。

毎日のメイク時に皮脂や汗などがスポンジに付くと雑菌が増える可能性があるので、お肌には当然良くないんです。お手入れせずに使い続けると、ニキビや吹き出物の原因になったり、活性酸素を出してシミやシワの原因にもなったりもします。

そうならない為に、スポンジのお手入れの仕方を紹介をします。

メイクスポンジの洗い方と乾かし方

いつも適当にやってしまいがちなスポンジの洗い方を見てみましょう。

  1. 200(ぬるま湯):1(中性洗剤)の割合で、洗剤液を作ります。
    ※ 汚れがひどい時は中性洗剤の濃度を濃くするか、汚れがひどい部分に直接中性洗剤を置きます。
  2. スポンジを、最初に用意したぬるま湯のなかで、軽く押し洗いします。
    ※ 強くこすって、スポンジの表面を壊さないようにしてくださいね。
  3. ぬるま湯に汚れが浮かんで濁ってきたら、キレイなぬるま湯(もしくは水)に取り替えて、スポンジを押し洗いします。 中性洗剤の泡や汚れが見えなくなるまで、ぬるま湯を取り換えて、スポンジの押し洗いを繰り返してください。
  4. 中性洗剤の泡や汚れが完全に取れたら、最後に流水でスポンジをすすいでください。
  5. 乾いた清潔なタオルで、スポンジの水分を十分に吸い取ります。
    ※スポンジの形を崩さないために、タオルなどに水分を吸わせるようにしましょう。

次は、乾かし方のポイントです。

  1. スポンジをタオルを敷いた上に寝かせて、自然乾燥をさせましょう。その時に風通しの良い場所で陰干しをするのが良いです。
  2. スポンジの劣化が早まる可能性があるので、すぐに乾燥させようと直射日光に当てたり、ドライヤーで乾かすのは避けましょう。
  3. スポンジは厚みがあるので中が生乾きになりやすくなります。
    せっかく丁寧に洗ったのに、生乾きのまま収納してしまうと雑菌の繁殖のお手伝いになってしまいますから、よ〜く乾かしてから収納してください。

3日から一週間に一度でも良いのでこの方法でスポンジを洗ってみてくださいね。

メイクスポンジのお手入れをして清潔に保とう

スポンジのお手入れをせずにそのまま使っていると、目に見えない雑菌が増えてしまってトラブルの元になりかねません。

肌に直接触れるスポンジだからこそ、清潔なスポンジをいつも使っていたいですよね。

定期的に洗ったり交換したりして、常にいい状態でメイクができるようにしておきましょう。