ブラウンメイクのやり方を紹介!注意点も確認して抜け感を出そう

ブラウンメイクのやり方を紹介!注意点も確認して抜け感を出そう

未分類

使いやすくて万人受けしやすい色と言えば、やっぱりブラウンですよね!使いやすい色だからこそ、ブラウンメイクのやり方を今一度確認して欲しいのです。

あなたは「とりあえずグラデーションが作れたらいいや」と、何となくブラウンメイクをしていませんか?

実は、ブラウンメイクと言えども注意点があります。知らずにメイクしていたら、せっかくのブラウンが綺麗に発色していないかもしれません。

今回は、ブラウンメイクをするときの注意点や、抜け感が作れるブラウンメイクを紹介しましたよ。

ブラウンメイクのやり方について

ブラウンメイク基本のやり方4つを紹介

まずはブラウンメイクの注意点を4つ紹介していきます。

1.黒いアイラインをしっかり引くのはNG

せっかくアイメイクをするからには、目力をアップさせたいですよね!その気持ちは、よく分かります。しかし、黒くて太いアイラインをしっかり引いてしまえば、ブラウンの良さが減ってしまいます。

「だけど、目力は出したい・・」と思う方も多いことでしょう。キリッと強いブラックのアイラインではなく、思い切ってブラウンのアイラインに変えてみましょう。

馴染みがよくなって柔らかい印象の目元になります。

2.ブラウンメイクではアイシャドウが控えめすぎて目立たないのは注意

肌によくなじみ、誰でも使いやすいブラウン系アイシャドウ。しかし、なじみやすさが逆に落とし穴となってしまうこともあるのです。

ナチュラルにしたいからと、控えめにアイシャドウを入れても後から見たら入っているのかいないのか分からない程度・・。これではもったいないと思いませんか。

だから、なじみやすいブラウンを入れるときは、なるべくアイホール全体に眉下まで入れるのがおすすめです。また、下まぶたにもアイシャドウを入れることでブラウンの存在感が増しますよ。

3.リップもブラウンにしてしまうとバランスが悪くなりがち

リップのカラー選びは、ブラウンメイクの成功を左右するといっても過言ではありません。それぐらい、リップカラーは大事だということですね。

全体的にブラウンだけでメイクをするのって、スタイリッシュで憧れます。しかし、このブラウン一色のカラーを使ってメイクをする方法はバランスを取るのが難しいのです。

そんなときは赤みがかっている落ち着いたカラーのリップを使えば鮮やかさも出ますよ。

気付かぬうちに難易度が高い色使いになっている場合もあるかもしれませんね。それでメイクがなんだか上手くいかない・・・と失敗して落ち込む前に、リップカラーを変えてみてはいかがでしょうか。

イエベさんのブラウンメイクならばリップはコーラル系に。
ブルベさんのブラウンメイクならばリップはプラム系に。

と、それぞれパーソナルカラーに合ったリップカラーを選択してみてくださいね。

4.質感や色の加減に注意

マットな質感のブラウンアイシャドウを使うと、くすんだように見えてしまうかも。マットな質感のアイシャドウを使うのなら、他の部分にラメを加えるなど加減が大事です。

黄色がかった茶色もくすみやすい発色なので気をつけてください。

アイシャドウをマットにするなら他のメイクをツヤ寄りに。逆にアイシャドウにラメを加えるのならばベースやリップなどをマット寄りにするとバランスがよくなります。

抜け感のあるブラウンメイクのやり方

【このメイクで使うもの】

  • ・パールの入ったベージュ系のアイシャドウベース
  • ・アイシャドウパレット
     ラメが大粒のブラウン、赤みがかったブラウン、締め色のブラウンがあるもの
  • ・薄めに発色するチーク
  • ・シアーな発色をする赤色リップ

抜け感ブラウンメイクその1.ベースを塗る

グラデーションをナチュラルに作るため、最初にベースを塗ります。

ベージュ系のアイシャドウをベースに使うと、ブラウンとも合うのでおすすめですよ。
ラメ入りで、クリーム状のアイシャドウがなじませやすいです。

クリーム状のアイシャドウは、後に塗るアイシャドウの発色を良くします。まぶた全体と下まぶたへ、指を使ってアイシャドウを塗りましょう。

抜け感ブラウンメイクその2.まぶたのグラデーションを作る

基本は、二重幅を少しはみ出すぐらいの幅へ濃さを調節しながら、ラメの入ったブラウンを塗ります。全体のバランスを見ながら、ブラウンが足りないようであれば塗る幅を増やすのもいいですね。目尻から目頭にかけて塗るのですが、目尻の下へも忘れずに少し塗りましょう。

つぎは、赤みがかったブラウンを使います。このカラーを、黒目下から目尻に繋げることを意識しながら塗ってください。

ラストは、締め色をアイライナーブラシで塗ります。ぼかしつつ、目のキワから目尻にかけて入れていきましょう。デカ目にしたい方は、目尻へ塗るときに長めに塗りのばすといいでしょう。

抜け感ブラウンメイクその3.薄い発色のチークを塗る

ブラウンメイクに合わせるチークは薄い発色のものがおすすめです。

ブラウンを目元にたくさん使用していますから、ナチュラルに発色するものが合うわけです。

目元にもチークにもラメを使ってしまうと、バランスが良くありませんからマットなチークを選んでくださいね。

いかに全体の仕上がりをイメージしながら足し引きできるかが、メイクのコツなんですね。

抜け感ブラウンメイクその4.シアーな発色のリップを使う

赤い色のリップは、ブラウンアイシャドウに合う優れもの。しかしマットでこってりしたリップを選ぶと派手に見えますから、シアーなタイプを選びましょう。深い色味なら、これからの寒くなる時期にピッタリです!

透明感がありながら、深めな発色のリップもたくさんありますから、お気に入りを見つけてくださいね。

ブラウンメイクのやり方を覚えよう

ブラウンメイクでは、全体の色合いのバランスが大事なポイントだとご理解いただけたでしょうか?

せっかくブラウンメイクをしても、後で見てみたときにブラウンが映えていなければがっかりしますよね。

色を使って遊ぶのなら、使う色は綺麗に発色させたいもの。今回ご紹介した注意点を頭に入れて、ブラウンメイクをしてみてくださいね。