ボディメイクって?ダイエットとの違いは??

ボディメイクって?ダイエットとの違いは??

ボディメイク

「ボディメイクって流行ってるけど、ダイエットと何が違うの?」

「興味はあるけど、パーソナルジムに通わないとできないんでしょ?」

と悩んでいる方、実はボディメイクに関してはお金をかけてジムに通わなければいけないわけではなく、自宅でも美ボディを手に入れることができるんですよ。

今回は、ボディメイクに興味を持った方に向けて、ボディメイクはどんなものなのか。またダイエットと何が違うのか、をご紹介します。

ダイエットとボディメイクとの違いとは

ボディメイクとダイエット。

なんとなく同じように考えてしまいがちですが、実はちょっと違うものなんですよね。

ダイエットについては正確な意味を知る人は少ないのかもしれませんが、食事の内容を制限すること、です。

対してボディメイクは体重を落とすのを目的としておらず、筋力トレーニングなどによって、自分の理想とする体のラインなどを作ることを目的としています。

体重を減らすのがダイエット。体を作るのがボディメイクとなります。それぞれの違いを理解しておきましょう。

ボディメイクとは

ダイエットは、食事制限による減量が主になっています。

体重を減らすことを目的としているので、目標体重になったのに、理想の体型にはなれない。ということがよく起こります。
また、減量によって筋肉量が減るので、基礎代謝の低下や体調不良を起こすケースも見受けられます。

一方ボディメイクは、トレーニングを行って理想の体型を目指すことをいいます。

きゅっとしたくびれを作りたい、プリっとしたお尻をつくりたい等、明確な目標に向けてトレーニングするので、ダイエットに比べて失敗が少ないのが特徴です。
場合によっては、筋肉をつけて太く見せることもあります。

ボディメイクのメリット

従来のダイエットは食事制限による減量が主流で、基礎代謝が低下し肌荒れや冷えに悩むケースや、リバウンドしてしまう可能性がありました。

しかし、ボディメイクはトレーニングによって筋肉をつけるので、基礎代謝が上がります。
基礎代謝が上がることで、やせやすく、リバウンドのしづらい身体をつくることができます。
ほかにも、ストレス解消や肌荒れの改善、猫背や冷え性を改善することもできます。

おすすめはダイエットよりもボディメイク

ダイエットとボディメイク。これはどちらがいいのか、という疑問ですがおすすめなのはダイエットよりもボディメイクを推したいと思います。

体重が極端に多い場合はまず食事制限によって体重を落とす必要が出てきますが、そうではない女性も少なくありません。具体的には

身長 - 105 = 体重
この前後をウロウロしている女性。

カロリーを制限するよりも、筋力トレーニングでボディメイクを進めた方が奏功する場合も少なくありません。決して「細身」ではありませんが、太っているわけでもありません。

ならばしっかりと筋肉でボディラインを引き締めてあげて、バランスの取れた体を目指してみるのがいいでしょう。

ボディメイクを成功させるポイント

ボディメイクはダイエット同様、日常のなかに取り入れ継続することが大切です。
そこで、無理なくボディメイクを成功させるポイントをご紹介します。

  1. 1日3食適切な量の食事をとる
  2. 質のいい睡眠を取る
  3. 週に2~3回の適切なトレーニングを行う
  4. 有酸素運動と無酸素運動を組み合わせる
  5. 目的に応じたトレーニングを行う

1日3食の適切な食事は、身体の調子を整えるだけでなく、筋肉をつくるために大切です。食事を取らずにトレーニングしても、思うような成果を得られません。
それと同様に、質のいい睡眠は成長ホルモンの分泌が筋肉の合成を促します。

トレーニングをする際は、やみくもに行うのではなく目的に応じた種目をチョイスして行います。
また、筋肉には回復期というものがあり、毎日トレーニングをしても思ったような効果が得られないことがあります。
そのため、同一部位のトレーニングは週に2~3回に抑えるようにしてください。

トレーニングだけでは脂肪燃焼の効果が少ないので、有酸素運動を組み合わせて更なる脂肪燃焼を狙いましょう。

ボディメイクのいろは

今回はボディメイクはどんなものなのか、ダイエットとの違いや成功のポイントをご紹介しました。

「ボディメイクって興味があるけど、どんなことをするの?難しそう」

と思っていた方の参考になればうれしいです。