ボディメイクに大切な「食事」のポイント

ボディメイクに大切な「食事」のポイント

ボディメイク

ボディメイクをするうえで筋トレと同じくらい大切になるのが「食事」です。
極端に糖質や食事量を減らすと、思うようにボディメイクの結果を出すことができません。

そこで、ボディメイク中の食事についてご紹介していきます。
これからボディメイクを始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ボディメイクに大切な「PFC」

ボディメイクで最も大切な栄養素といわれている「PFC」ですが、ボディメイクとは無縁だった方にとっては「これって何?」と感じる方がほとんどでしょう。

Pはプロテイン(タンパク質)、Fはファット(脂質)、Cはカーボ(糖質)のそれぞれの栄養素の頭文字をとったもの。これらの栄養素をバランスよく取ることが、筋肉をつけるうえで大切とされています。

タンパク質

筋肉をつける栄養素といえば、やはりタンパク質を思い浮かべる方が多いですよね。

タンパク質は筋肉だけでなく、健康な血管や肌、髪の毛の素にもなるとても大切な栄養素です。
タンパク質が不足していると、髪や肌がゴワゴワしてしまいます。

トレーニングをしない人は、自分の体重をグラムに置き換えた量を取る必要があります。
トレーニングをしている人は、自分の体重×1.5~2グラムのタンパク質を取るように心がけましょう。

脂質

ダイエットに大敵と思われる脂質ですが、不足するとホルモンバランスの乱れにつながります。
また、脂質が不足していると潤いの減少につながり、かさつきの原因となります。

必要最低限の、良質な脂質を取るように心がけましょう。
ボディメイクを行う際の脂質の摂取量の目安は40~50gといわれています。

糖質

こちらの糖質も脂質と同様でダイエットに関しては何かと悪者にされがちですが、筋肉のエネルギー源であり、脳が唯一栄養素として取り入れることのできるのが糖質です。

極端な糖質制限はリバウンドの原因ともなるので、糖質を上手にコントロールして摂取することが大切です。
体重によって異なりますが、ボディメイク中の糖質は180gを目安に摂取してみてくださいね。
また、トレーニング前におにぎりを1個食べると、効率的に筋肉をつけられるのでおすすめです。

足りない栄養素はサプリで補ってもOK

タンパク質は、摂取量が多く1日の食事では必要量が補いきれない場合があります。
そんな時は、プロテイン等のサプリメントで不足分を補うのがおすすめです。

プロテインというと、ムキムキのトレーニーが飲むイメージがありますが、最近では女性向けに開発された、飲みやすいものが登場しています。
バランスのいい食事を心がけても、どうしても栄養素が足りないときは、サプリメントを視野にいれてみてくださいね。


バランスのいい食事でボディメイクを成功させよう

ボディメイクに大切な栄養素「PFC」についてご紹介しました。
PFCだけでなく、ミネラルやビタミン、食物繊維など、バランスのいい食事で健康に、美しく理想の体型を目指しましょう。