ムダ毛って剃ると濃くなるって本当!? 剃るメリットとデメリットは?

ムダ毛って剃ると濃くなるって本当!? 剃るメリットとデメリットは?

others

女子にとってムダ毛の処理は永遠のテーマの1つです。

ついうっかり剃り忘れた日には、結構目立ってしまう部分もありますよね。ムダ毛に悩む女子全員が脱毛サロンなどに通えれば一番いいんですが、金銭的にも時間的にもなかなか難しいものです。

そのためお手軽にムダ毛を処理できる「剃る」という方法をとっている女子は多いんじゃないでしょうか。

でも「ムダ毛は剃ると濃くなるよ~」なんて聞いて心配になっている方もいますよね。そこで、ムダ毛って剃ると本当に濃くなるの!? その秘密に迫ってみたいと思います!

ムダ毛はどうやって生えているの?

毛の断面図

毛の生えている断面をご覧いただきましょう。

まずは毛穴の中には毛乳頭という細胞があって、その細胞が毛を作り出しているんです。サロンなどでの脱毛は、この毛乳頭にダメージを与えて毛が作られるのを阻止しているんですね。

また毛は根本部分は太く、毛先は細くなっているのが分かります。

ムダ毛を剃ると毛先が太くなる?

毛先が太くなって”濃くなったように見える”

ここでムダ毛を剃ると、イラストのようになります。

皮膚のところで毛が横向きにカットされますので、毛先が太くなるんですね。ムダ毛を剃ると毛先が太くなって、毛が濃くなったように”見える”だけなんです。

そのため毛は剃ると濃くなる、という噂は実は真っ赤なウソ。剃ると毛先が太くなっているだけだったんですね。

ムダ毛を剃るメリットはスピーディでお手軽&肌に優しい

ムダ毛処理にはサロンなどでの脱毛やワックス、脱毛クリームなどたくさんの種類があります。その中でも剃るというのはカミソリ1つあればできてしまいますので、非常にお手軽なのがメリットです。

しかもお風呂のついでに処理をすれば時間や手間もそれほどかからないので、スピーディにムダ毛処理が行えますよね。

カミソリの刃を直接肌に当てるので、肌刺激は強そうなイメージですが意外にもお肌に優しいのもポイントです。ムダ毛処理で一番やってはいけないのが毛抜きや脱毛ワックスを使って抜くことです。炎症や出血などのトラブルの元になるので、無理にムダ毛を引き抜くのはやめておいたほうがいいでしょう。

ムダ毛を剃るデメリットは?

ムダ毛を剃る、という行為は非常にスピーディでお手軽なのですが、デメリットもあるので注意しておきましょう。

1つ目はカミソリの刃が劣化してくると、肌への刺激が強くなってしまいます。セルフケアをした後に、肌がピリピリと痛むカミソリは言語道断。すぐに新品のカミソリへ交換しましょう。またモノによって非常に剃り味が滑らかなものと、肌への刺激が強いものなどいろいろな種類があります。

2つ目には肌に直接刃を当てるため、肌への刺激が0ではない点です。肌刺激を繰り返していると、メラニン色素の生成を促進してしまう可能性があります。カミソリによる肌への刺激は、腋の下の黒ずみの原因の1つとも言われています。

脇の下などの皮膚が薄い部分のセルフケアをするときは、シェービングローションなどを使って刺激を極力少なくするように努めましょう。

ムダ毛をカミソリで剃るのはOK! だけど極力刺激を少なくしよう

1日剃り忘れるだけでチクチクしたり、目立ったりしてしまうムダ毛。

ムダ毛の処理はカミソリを使ってセルフケアをしても大丈夫ですが、肌への刺激を少しでも減らすように心がけましょう。