メイク初心者がまず揃えるべきメイク道具6選

メイク初心者がまず揃えるべきメイク道具6選

others

今まで学校にすっぴんで通っていたけど、進学や就職でメイクを始めようと思っている皆さん。
メイク道具ってたくさん種類があって、どれから買えばいいか迷ってしまいますよね。
ファンデーション1つとっても、いろんなタイプのものがあります。
そこで今回は、「まず揃えるべきメイク道具」を6つご紹介します。
これからメイク道具を揃える人は、ぜひ参考にしてみてください。

ベースアイテムは「オールインワンタイプ」をチョイス

メイク初心者の人がたくさんのベースアイテムを集め、たくさんの工程を行うのは大変ですよね。
そこでおすすめなのが、「オールインワンタイプのファンデーション」
BBクリームやCCクリーム、クッションファンデなどがこのオールインワンタイプに当てはまります。

しっかりとしたカバー力が欲しい人は、BBクリーム。
肌を均一に見せたい人はCCクリーム
艶肌にしたい人はクッションファンデがおすすめです。

ここのところ韓国コスメで人気が出ているピコモンテのプレミアムCCクリーム。価格が安いだけでなく、美容成分入り、UVカット、高いカバー力など総合力で高い評価を得ています。


アイブロウはパウダータイプがおすすめ

アイブロウというと、ペンシルタイプを想像するかもしれません。
しかし、ペンシルタイプのアイブロウはメイク初心者が使うと濃い眉毛になってしまいがち。
そこでおすすめなのが、パウダータイプのアイブロウ。
濃淡の調節もしやすく、色を混ぜることもできるので、自分にあった眉毛を作ることができます。

こちらのケイトのデザインニングアイブロウ3Dは、アイブロウと言えばこれ!と言うほど定番コスメとなってきました。メイク初心者でも簡単に眉が作りやすくおすすめです。


目元の印象はアイシャドウで操作

アイラインをきれいにひくのって、意外とテクニックが必要なんです。
そこで、メイク初心者さんはアイシャドウで目元の印象操作しましょう!

初めてのアイシャドウにおすすめなのが、ブラウン系の4色パレット。

最初は薄いブラウンの単色塗りから始め、慣れてきたらブラウンのグラデーションに挑戦してみましょう。
締め色を目の際に細く入れれば、アイライン効果が得られますよ。

おすすめなのはプチプラで試しやすく、さらにはどんな方でも使いやすいのが嬉しいアイテム。
エクセルスキニーリッチシャドウのブラウンカラーです。


まつ毛をしっかりあげられるビューラーはマストアイテム

私がメイクで1番大切にしているのが「まつ毛」なので、メイク初心者の人にもビューラーはぜひ持っておいてほしい道具の1つです。
ビューラーでまつ毛を上げるだけで、すっぴんでも目がぱっちりして見えるんですよ。
日本人は目のカーブが緩やかなので、ビューラーもカーブが緩やかなものを選ぶのがおすすめです。

マスカラはブラウンで優し気な雰囲気に

アイメイクといえばマスカラですよね。
マスカラ=ブラックというイメージがあるかもしれませんが、主張の強いブラックよりも、ブラウンを選ぶのがおすすめです。
ブラウンのマスカラは優し気な雰囲気で、初めてメイクに挑戦する人でも違和感なく使うことができます。

マスカラにはロングタイプとボリュームタイプがあります。
自分のまつ毛が短いと感じる人はロングタイプ、スカスカしていると感じる人はボリュームタイプを選ぶなど、なりたい目に合わせて選んでみてくださいね。

おすすめのマスカラはメイベリンのラッシュニスタ。マスカラのロングセラー商品で、新商品が続々と出てくる中でもいまだに不動の人気を誇っています。マスカラ液が塗りやすいブラシ形状もポイント高し♪


保湿にも使えるティントでツヤっとした唇をゲット

リップメイクも口紅やグロスなど、たくさんの種類がありますが、初心者の人におすすめなのが保湿力の高いティントです。
ティントはひと塗りで簡単にウルツヤな唇をゲットできるのが特徴です。

逆におすすめできないのは、マットタイプの口紅です。
マットタイプは意外と塗るのにテクニックが必要、ベタっと塗ってしまうと七五三のようになってしまうことも…。

リップメイクに慣れるまでは、ツヤのあるタイプを使うのがおすすめです。

プチプラコスメで大人気のセザンヌのカラーティントリップは使いやすく、カラーバリエーションも豊富です。

ワセリンやヒアルロン酸Na、スクワランなどの保湿成分が豊富に含まれているので、みずみずしいうるつやリップが作れちゃいますよ。


6つのメイク道具から脱初心者を目指そう

これからメイクを始める人は、何をしたらいいか、何を買ったらいいか、右も左もわからない状態だと思います。

まずは、今回紹介した6つのアイテムを集めて、メイクの練習をしてみてください。
慣れてくると、自分のなりたい顔、やってみたいメイクがでてくると思います。そうなったらメイク初心者を卒業し、次のステップに進むときです。

少しずつメイクの楽しさを覚えていってくださいね。