丸顔さんのための丸顔が目立たないシェーディングの入れ方とは?

丸顔さんのための丸顔が目立たないシェーディングの入れ方とは?

メイク

丸顔さんってとってもキュートで、かわいらしいフェイスラインが特徴。

でも顔が丸いのでちょっと太って見えたり、顔が大きく見えたりしてしまうときもあります。

髪で両サイドを隠してしまえばいいんですが、ヘアスタイルだっておしゃれを楽しみたい! という丸顔さんも多いでしょう。

ならば丸顔さんの丸い顔をメイクで目立たなくさせちゃえばいいんです。丸顔さんのためのシェーディングの方法を伝授していこうと思います。

丸顔さんは顔の幅が広め 縦のラインを意識しよう

丸顔さんの顔の特徴は横幅が広めなんですよね。その顔の横幅が広くなっているがために、顔が大きく見えたり太って見えたり……

そんな丸顔さんの悩みを解決するにはズバリ、縦のラインを意識することなんです。

横に広く見えてしまう分だけ、縦に長く見せて緩和させちゃおう、というのがポイントになります。

鼻筋を通すシェーディングの場所は?

縦のラインを見せるため、鼻筋を長めにシェーディングで作っていきます。

目頭と眉頭の間に三角ゾーンがあるので、そこにパウダーで軽くシェーディングをいれたら、あとはそのシェーディングを小鼻の上くらいまで伸ばしてあげましょう。

シェーディングをつけすぎてしまうと、舞台メイク風になってしまうので、日常のメイクには不向き。

あくまで目頭と眉頭の間の三角ゾーンのシェーディングを下に薄く延ばすようなイメージで大丈夫です。

顔の両サイドにシェーディングをつけて立体感を

顔の両サイドにもシェーディングを入れて、顔の奥行を強調します。両サイドにシェーディングを入れると立体感が出て、小顔効果も期待できるのでおすすめです。

こめかみから下の細く見せたい部分にシェーディングを入れていきましょう。

このときシェーディングではなく、1トーン落としたファンデーションを顔の外側に使っても大丈夫です。ファンデーションのカラーを変えるときは、境目が出ないようにしっかりと叩いてぼかしておくのが大切ですよ。

顔に立体感を持たせるために頬骨の下にシェーディング

顔のサイドにシェーディングを入れたら、さらに立体感を出すために、頬骨の下に回しこむようにシェーディングを入れていきます。

高いところは高く(トーンアップ)、低いところは低く(トーンダウン)見せるためのシェーディングですね。外側から内側にブラシを払うように少しずつシェーディングを入れていきましょう。

シェーディングを上手に使って小顔効果を狙っちゃおう

丸顔を目立たせないためには、縦のラインを意識する、立体感を作ってメリハリのある顔立ちにする。この2点でしたね。

シェーディングを上手に使えば丸顔さんの骨格も目立たなくできますし、小顔効果も期待できちゃうんですよ。

シェーディングを上手に使って、目指せ小顔美人♪

丸顔さんがもっと可愛くなれるアイテムが「眉毛」。眉毛ジプシーになっている人も多いんだとか。

丸顔さんのための眉毛の書き方もぜひチェックしてみてください。

丸顔さんの特徴と似合う眉毛の描き方は?

メイクに関するお悩みで多いのが眉毛の関するお悩みです。顔の形はいろいろなタイプが…
loveandmake.jp