失敗知らず!リップメイクのポイントは黄金比にあったんです!

失敗知らず!リップメイクのポイントは黄金比にあったんです!

未分類

「流行のリップメイクをしてみたけど、なんだか唇だけ浮いてるみたい。」
「年齢のせいで唇が貧相に見える。」

その悩み、リップメイクの黄金比を知ることで解決できます。

今回は簡単なようで奥が深い、リップメイクの方法をご紹介します。

リップメイクの黄金比って?

とりあえず色がついてればオッケー!なんて口紅をグリグリ塗ってませんか?

実は、唇にはほかのパーツ同様「黄金比」があります。

唇の黄金比は、上唇が1に対して、下唇が1.5の厚みになるのがベストです。

さらに、上唇の谷部分は鼻先の延長線上に、山部分は唇を横に4分割した内側の中央に頂点がくるようにすると、唇が一番きれいに見えるんですよ。

きれいにリップラインを取るには、リップペンシルを使うのがベストです。
リップペンシルは、口紅よりも少し濃い色を使うことで、リップラインが悪目立ちせず、きれいな唇になれます。

黄金比は顔の形で違う?!

先ほど、リップメイクの黄金についてご紹介しましたが、実は顔の形によって更に黄金比が細分化されます。

面長さんのリップメイクのコツ

面長の顔の方は、顔の長さをリップメイクでぼかしてあげることが大切です。

鼻下から唇までの長さが気になる人上唇をオーバー気味にリップラインを取る
あごの長さが気になる人下唇をオーバー気味にリップラインを取る

顔のパーツのお悩みを考えるとどういうリップメイクをすればいいのか見えてきますよね。
リップメイクの錯覚によって、顔の長さが気にならなくなりますよ。

丸顔のリップメイクのコツ

丸顔の方は、下唇の口角部分にコンシーラーをして、口角をあげるように意識してリップラインを取ってみてください。

さらに、上唇のリップラインよりも、下唇のリップラインを意識して取るのがおすすめです。
唇に少し角度をつけることで、丸顔が緩和されて見えます。

逆三角形のリップメイクのコツ

逆三角形の顔の形の方は、リップラインを取ってしまうと、顔のラインが強調されるので、より顔の形が目立ってしまいます。

そのため、リップラインを取らずに、中央にだけ口紅をポンポンと乗せるのがおすすめです。

ホームベース型のリップメイクのコツ

ホームベース型の方は下顔面の余白を少なくすることが大切です。

逆三角形の人のように、中央にだけ口紅を乗せると、顔の形が余計にきになってしまいます。
唇が薄い方はリップラインをオーバー気味にとる、濃い色で唇を目立たせるのもおすすめです。

リップメイクの方法を紹介してみましたが、顔型別によるシェーディングにも正しいやり方があるので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

顔型別!正しいシェーディングの入れ方は!?

シェーディングと言っても人の顔の形は千差万別。 顔のメリハリを出すために行うシェ…
loveandmake.jp

リップメイクを味方につけてコンプレックスを解消!

リップメイクの黄金比を知ると、気になる顔のコンプレックスも解消できます。
まずはリップメイクの黄金比を理解して、そこからどんどんアレンジしていくと自分の目指す顔に近づくことができますよ。