美白になると言われるハイドロキノンって何?

美白になると言われるハイドロキノンって何?

others

美白という言葉に敏感な人は、「ハイドロキノン」という言葉を聞いたことがあると思います。

しかし、「実際ハイドロキノンってどんな成分なの?」と思ったことはありませんか?
そこで今回は、このハイドロキノンについて詳しく解説します!

ハイドロキノンとは?

笑顔の女性の横顔

ハイドロキノンとは、イチゴや麦芽、コーヒーなどのに存在するヒドロキノンという成分を含有した薬のことです。

ハイドロキノンには高い美白効果が期待できると言われおり、とくにシミに対して効果が高いです。
別名、「皮膚の漂白剤」と呼ばれることも。

少し刺激が強い成分なので、日本では2001年よりやっと規制が緩和されて、市販品でも出回るようになりました。

肌が弱い人が使用する際には、かぶれたり皮膚が少し赤くなったりなどの肌トラブルを起こす可能性もあるので注意が必要です。

また、ハイドロキノンは長期保存ができず、酸化してくると成分の刺激を強めてしまいます。

ハイドロキノンはメラノサイトというメラニンを作る作用を抑制したり、メラニンそのものにも作用します。そのため、ハイドロキノン使用時に強い紫外線を浴びてしまうのは、ノーガードで紫外線を浴びているようなものです。

そのためハイドロキノンを塗っているときは、露出をしないようにするか、日焼け止めを使用するようにしましょう。

どうしても外出の用事がある場合には、日中の使用は避けて、夜だけハイドロキノンを使うのも1つの方法です。

日焼け止めの成分と選び方を徹底解説!

海やプールで大活躍してくれる日焼け止め。その日焼け止めってどんな成分で作られてい…
loveandmake.jp

PA/SPF 日焼け止めの数字の読み方は?

日焼け止めを選ぶ基準として大切なのがPAやSPF。それぞれの数値や記号には意味が…
loveandmake.jp

ハイドロキノンの効果とは?

ハイドロキノンはシミの元となるメラニンを作るために出てくる酵素を抑える働きをしてくれます。

この酵素を抑えることによりシミになりにくい肌を作ることが可能。
お肌はターンオーバーを繰り返していますが、お肌の深い部分でシミを作らない予防をします。

そのため、深い部分の肌の層がターンオーバーによってお肌の表面に出てきたときには、シミのないきれいな美白肌にしてくれる効果があるのです。

ハイドロキノンの効果的な使い方とは?

ハイドロキノンは刺激の強い成分なので、正しく使わないと肌トラブルを起こしやすいので注意しましょう。
そこで効果的な正しい使い方についてご説明します。

ハイドロキノンを塗る部分は清潔にしておきましょう。

その後、スキンケアをしっかり行い、お肌の調子を整えます。
このとき、ハイドロキノンは単体だと肌への浸透がしにくいため、ビタミンCなどを取り入れると浸透しやすくなりますよ。

ハイドロキノンはシミの部分から広範囲に塗ります。

外出する際には必ず紫外線対策のために日焼け止めを塗りしましょう。ハイドロキノンを塗った後には、日焼け止めを忘れずに塗ったり、UV対策がされているコスメを使うのをおすすめしたいと思います。

ハイドロキノンを上手に使って美白を手に入れよう!

笑顔で指差す女性

今回は、ハイドロキノンについて詳しく解説しました。

ハイドロキノンは刺激の強い成分なので、少し不安もあるかもしれませんが、注意点やデメリットを正しく知っておけば、美白の強い味方になってくれるでしょう」。

ぜひ今回の記事を参考にして、理想の美白を手に入れてくださいね♡