飲む点滴「甘酒」!肌への嬉しい効果やおすすめの飲み方を紹介

飲む点滴「甘酒」!肌への嬉しい効果やおすすめの飲み方を紹介

ライフスタイル

甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれ、栄養がたっぷり含まれています。おいしい甘酒を飲むことで美肌が作れたら、一石二鳥ですよね。

今回は、甘酒の美肌効果やおすすめの飲み方、食べ方をご紹介します。

美肌にうれしい甘酒は麹?酒粕?

甘酒には米麹を原料とするものと、酒粕を原料とするものの大きく2種類があります。どちらも美容や健康に嬉しい効果がたくさんありますが、より美肌に効果が高いといわれているのは、米麹からできる甘酒です。

麹甘酒は砂糖不使用でアルコール分も入っていないため、妊婦さんやお子さまも安心して摂取できます。

甘酒が肌に与える効果とは

健康や美容、ダイエットなどにさまざまな効果が期待できる甘酒ですが、美肌作りにはどういったよい影響を与えてくれるのでしょうか。

美肌効果①弾力アップ

甘酒にはパントテン酸というビタミンB群の一種が含まれており、これがコラーゲンの生成を助けてくれます。

コラーゲンといえばプルプルのイメージですが、コラーゲンの効果で肌にハリが出て、弾力がアップします。

美肌効果②うるおい持続

甘酒に含まれる成分のなかには9種類の必須アミノ酸もあり、アミノ酸はお肌のうるおいを保つ役割を果たします。

そのため、甘酒を飲むと肌が乾燥しにくく、うるおいが持続するようになります。

美肌効果③白い肌に

麹に含まれる「コウジ酸」は、メラニンの生成を抑え美白にしてくれるといわれています。実際、麹を扱う酒蔵の方などは、とても白くて美しい手をしていることも多いです。

甘酒を飲むことで、肌が白く美しくなるといわれています。

美肌効果④新陳代謝アップ

甘酒に多く含まれるビタミンB群は新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーを正常に保ってくれます。

肌の生まれ変わりが活発になるため、健康な肌、若々しい肌でいられるようになります。

美肌効果⑤しみ、しわ、クマも改善

うるおい持続や新陳代謝アップといったさまざまな嬉しい効果は、しみやしわ、クマの改善にもつながるといわれています。

さまざまなスキンケアを試してみてもお肌のトラブルがなかなか改善しない、という方は、体内から肌質を改善するためにも、甘酒を飲んでみるとよいかもしれません。

毎日続く!甘酒のおすすめの飲み方は

甘酒は毎日続けて飲むと美肌やその他の嬉しい効果を実感できるといわれていますが、飲みすぎはよくありません。適量は50mlくらいから、コップ1杯分の120ml程度までです。

甘酒の味が好きな人は難なく飲めるでしょうが、苦手な人はコップ1杯毎日飲むのが辛いこともあります。また、毎日同じ味では飽きてしまう、という場合にはアレンジして摂取するとよいでしょう。

甘酒の飲み方①温めて飲む

特に寒い時期におすすめしたい飲み方が、温めて飲むという方法です。甘酒に含まれる酵素は60度くらいで最も活発に働いてくれるといわれています。

温かい飲み物は内臓への負担も少ないですし、身体を芯から温めてくれるので、「暑くて飲めない」という日以外は、ぜひ温かくして飲みたいところです。

甘酒の飲み方②豆乳やヨーグルトと一緒に

甘酒を単体で飲むのが大変、という場合には豆乳や牛乳で割る、ヨーグルトに混ぜるといった方法で摂取するのもよいでしょう。

豆乳や牛乳にも栄養が豊富に含まれているので、甘酒と一緒に嬉しい成分を身体に取り入れられます。また、朝食としてプレーンヨーグルトに甘酒やフルーツを入れたものを食べれば、健康や美容を意識したメニューでありながらも、満足感を得られます。

甘酒の飲み方③アイスなどのスイーツにして

毎日甘酒を飲むのはいや、という場合には、甘酒を砂糖の代わりに使用するのも1つの方法です。

甘酒を入れたアイスやお菓子、甘酒を使った調味料など、レシピはたくさんあります。スイーツにするか、食事に取り入れるかは自分次第ですので、ぜひお気に入りのレシピを見つけてみてください。

毎日の甘酒で美肌を目指そう!

甘酒を毎日摂取することで、美白やうるおいなど、お肌に嬉しい効果が多く期待できます。また、甘酒は腸内環境の改善やストレス緩和といった健康への影響も大きいので、ぜひ続けていきたいところです。

そのままで、温めて、アレンジを試して、ぜひ日々の生活に甘酒を取り入れていってくださいね。