【パニック障害で悩む方必見】おすすめのノンカフェイン飲料をご紹介!

【パニック障害で悩む方必見】おすすめのノンカフェイン飲料をご紹介!

others

コーヒーやお茶、エナジードリンクなどに含まれるカフェイン。

眠気覚ましの効果があり、仕事や勉強を頑張りたいときや食後のリフレッシュなどに飲む人も多いでしょう。

ですが、カフェインの過剰摂取によりカフェイン中毒や自律神経の乱れなどを引き起こし、パニック障害や鬱病を発症するケースも少なくありません。

そこで今回は、カフェイン断ちにおすすめのノンカフェイン飲料をご紹介します。

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェの違いは?

「ノンカフェイン」と記載のあるものには、カフェインが含まれていません。コーヒー豆や緑茶などの茶葉にはカフェインが含まれているため、ノンカフェインのコーヒー・緑茶は存在しないのです。

「カフェインレス」「デカフェ」はカフェインを除去した飲み物に記載されています。つまり、カフェインを完全に取り除いたものではなく、微量のカフェインが含まれているということです。

またカフェインレスは、カフェインを90%以上取り除いたものに記載されますが、これはコーヒーのみ。緑茶などは除去率が厳密ではないため、注意しましょう。

飲み物に含まれるカフェインの量とは

飲んでも健康に害のないカフェインの量は、1日あたり400㎎とされています。

下の表でいつもどれくらいのカフェインをとっているか、確認してみましょう。

飲料名(100mlあたり)カフェイン含有量
缶コーヒー60㎎
玉露160㎎
紅茶30㎎
炭酸飲料10~15㎎
エナジードリンク32~300㎎

おすすめのノンカフェイン飲料をご紹介


ルイボスティーにはカフェインが含まれていません。またオーガニックなら妊婦さんやお子さまにも安心ですね!


味わい深い黒豆茶には、抗酸化作用や脂質の代謝を促す作用があります。

また、むくみ対策にもおすすめ!


たんぽぽコーヒーはカフェインが含まれていません。

カリウムやビタミンCも豊富に含まれているため、美容や健康にも効果が期待できますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

九鬼産業 黒ゴマラテ 150g
価格:410円(税込、送料別) (2022/3/3時点)


黒ごまには、ビタミンEや鉄分が豊富に含まれています。

牛乳に溶かして飲むため、たんぱく質やカルシウムも一緒に摂取できますよ。

知らない間にカフェイン中毒に

コーヒーや緑茶の飲みすぎだけでなく、炭酸飲料やカフェインレス、デカフェの飲みすぎでもカフェインの過剰摂取になる恐れがあります。

何か飲みたいがカフェインは避けたいとき、ぜひノンカフェイン飲料を試してみてくださいね。