二重埋没法施術でアザが!ダウンタイム中のメイク術

二重埋没法施術でアザが!ダウンタイム中のメイク術

others

二重埋没施術を受けると、目のまわりがむくんだり、アザができたりします。

とくに困るのがアザで目のまわりが青黒くなったり、黄色くなったりするため、メイクをしないと目立ちます。

しかしいつも行うメイクと同じは、むくみが目立つためおすすめできません。

今回は実際に私が行っていた、二重埋没のダウンタイムに特化したメイクを紹介します。

ベースメイクでアザを消す

まず大事なのが、アザを消すことです。

ダウンタイム初期は青黒いアザが主なので、オレンジのコンシーラーでアザを消していきます。

コンシーラーはリキッドタイプよりも、クリームタイプなどの硬いテクスチャーのものがおすすめです。

とにかくアザまわりにコンシーラーをなじませ、青みを消しましょう。

普段なら、最後にフェイスパウダーを叩くと思います。

しかしダウンタイム中は、こまめにコンシーラーを直すことが想定されるので、粉は叩かなくてOKです。

粉を叩いてしまうと、後々崩れ方が汚くなります。

ダウンタイム後半は、アザがもとあった場所から下に落ちて、黄色みがでてきます。

黄色みがでてきたら、ブルー系の化粧下地で色を補正してあげましょう。

アイメイクはマットに仕上げる

ラメやパールを使ったアイメイクは、腫れぼったさを助長させます。

ダウンタイム中は、マットに仕上げるのがおすすめです。

また万が一のトラブルに備えて、アイメイクは目を濃くしたりせず、最低限に抑えておきましょう。

アイシャドウの締め色を中心に使い、マスカラだけで仕上げます。

リップメイクにポイントを置く

アイメイクにポイントを置けない分、リップメイクにポイントを置きましょう。

はっきりとした色の口紅を使うと、唇が強調されて目から印象が離れます。

リップにポイントを置くことで、ダウンタイム中の腫れた目もさほど気にならなくなります。

ダウンタイム中のめがねはおすすめできない

ダウンタイムのカモフラージュに、めがねをかける人が多いです。

しかし、腫れとアザのある目にめがねをかけると、いかにも整形しました!といっているような物。

カモフラージュ目的にめがねをするのはおすすめできません。

また、「ものもらい」をダウンタイムのいいわけに使う人が多いですよね。

以前、私の二重埋没を担当してくれた美容整形外科の先生によると、二重埋没の腫れ方は、ものもらいよりも「打撲」などが近いそうです。

「何かにぶつかった」と話す方が、信憑性を得やすいと話していました。

ダウンタイム中のメイクは「アザ」を消すことに特化しよう

二重埋没のダウンタイムはそれほど長くありません。

しかし、初見でも分かるダウンタイムが3日~1週間続きます。

その期間は、アザを消すことに注力して最低限のメイクで過ごしましょう。