ファンデーションがカサカサな時の直し方【夏の乾燥対策】

ファンデーションがカサカサな時の直し方【夏の乾燥対策】

ベースメイク

夏なのに、肌が乾燥してファンデーションがカサカサしてしまう、と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

肌がべたつきやすいので実感しにくいですが、乾燥肌の方は夏でも変わらず肌の内部が乾燥しています
今回は、夏にファンデーションがカサカサしてしまう理由と、対処方法をご紹介します。

夏なのにファンデーションを塗るとカサカサしてしまう理由

夏は湿度や気温が高く、肌のべたつきを感じやすい季節です。

そのため季節に合わせたさっぱり系のスキンケアや、化粧崩れ対策でパウダーを大量に使用するのが原因で、肌の潤いが損なわる可能性があるんです。

夏のメイク崩れを防止したい!というコスメ選びが積み重なってしまい、余計にファンデーションがカサカサしてしまうのです!

ほかにも、紫外線によるダメージや、冷房、夏バテなどで肌の状態が悪化していることも考えられます。

ファンデーションが浮いてしまう方はクリームで保湿スキンケアを

乾燥肌でファンデーションが浮いてしまうという方は、まずスキンケアを見直しましょう

しっかりと肌に潤いを保てていないため、皮脂の分泌が活発になっている可能性があります。
保湿のしっかりしてくれる化粧水や、ニベアやワセリンといった保湿力の高いクリームを使用し、しっかりと乾燥対策を行いましょう。

クリームのべたつきが気になる方は、クリームを薄く塗った後に、パウダーを軽く塗布するのがおすすめです。
肌に水分が保持できるようになると、皮脂の分泌が収まり、ファンデーションの浮きが気にならなくなります。

皮むけや粉拭きが気になる方にパウダーファンデーションはNG

肌が乾燥して皮むけや粉拭きしてしまう方は、リキッドタイプやクリームタイプなど、油分の多く入っているファンデーションをおすすめします。

ベタベタするから夏はパウダリーなタイプを選ぶという方も多いですが、パウダーファンデーションは、皮脂がもともと少ない乾燥肌の方には不向きなことが多いです。

どうしても、パウダーファンデを使いたいという方は、その中でもしっとりしたタイプを選びましょう。

ファンデーションのカサカサの応急処置方法

出先でファンデーションのカサつきが気になったときは、ミストタイプの化粧水で応急処置をしましょう。

まずは、カサカサしてしまっている部分や、ヨレが目立つ部分を綿棒などで取り除きます。
そして、保湿タイプのミストタイプの化粧水を顔全体にふりかけます。

ティッシュで優しく抑えてから、メイク直しをしましょう。

この方法は、朝のメイク後のヨレ対策にも使用できます。
ヨレ対策に使用する場合は、メイクがすべて終わってから、最後の仕上げに行いましょう。

乾燥肌は食生活を見直すことも大切

夏は汗をかくため、体内の水分量が減っていることも考えられます。水分量が減っていると、髪や肌の潤いがなくなります。

メイク崩れや汗をかきたくないと、水分をあえて控えている人もいますが乾燥には逆効果。熱中症の予防のためにも夏は特にしっかりと水分を補給しましょう

また、夏バテで食生活が乱れているため、余計に乾燥がひどくなっている可能性があります。
良質なタンパク質や油脂の摂取、バランスのいい食事を心がけましょう

夏でもカサカサに乾燥するファンデにさようなら

今回は、夏にファンデーションがカサカサしてしまう理由や、対策について紹介しました。
乾燥肌の方は、夏でも保湿スキンケアを行うことが大切です。
そのうえで、自分にあったファンデーションをチョイスしましょう。