メガネに似合うアイメイクのポイントは?眉毛にもこだわろう

メガネに似合うアイメイクのポイントは?眉毛にもこだわろう

アイブロウ

メガネをかけていると、アイメイクが目立ちにくい、自分のメガネに合うアイメイクがわからない、そんなお悩みはないでしょうか。

メガネに合うアイメイクのポイントを押さえれば、より美しい自分を演出できます。

今回は、メガネ映えするアイメイクはもちろん、アイメイク以外の部分のメイクのポイントについてもご紹介します!

メガネに映える!アイメイクのポイント

メガネをかけているとアイメイクの塩梅が難しいですが、ポイントを押さえるとメガネがより似合う「メガネ美人」になれちゃいます。

メガネに映えるアイメイクのポイントは以下の3点です。

メガネ映えポイント①メガネなしのときの7割の濃さを意識して

「メガネをかけているとアイメイクが目立たないから」と、ゴテゴテに描いたり塗ったりするのはNG。

メイクはナチュラルな仕上がりを意識して、メガネなしのときの7割くらいの濃さになるように仕上げましょう。

メガネ映えポイント②メガネのフレームに合わせたメイクを

メガネのフレームはさまざまな形や太さのものがありますが、フレームが細いメガネや丸いメガネの場合は、アイシャドウを濃いめ、アイラインを薄めにしましょう。

フレームの太いメガネや四角めのメガネの人は反対に、アイシャドウは薄目にしてアイラインをしっかりとひくと、メガネとの相性のよいメイクに仕上がります。

メガネ映えポイント③まつ毛はくるっと上向きに

まつ毛の上げ方が中途半端だと、メガネにまつ毛がくっついてしまうことも。メガネにまつ毛が当たらないように、まつ毛を上向きにしっかりとカールさせましょう。

マスカラはまつ毛がバサバサに仕上がるものよりもナチュラルかつ長さやカールがしっかりと出るものだと、メガネやアイシャドウとのバランスがよくなります。

メガネの形に合わせて眉毛も変えよう

アイメイク、というと目元ばかりに意識がいってしまいますが、眉毛の形でも印象は大きく異なります。眉毛はメガネのフレームによって合う形が異なりますので、ご自身のメガネのフレームをよく見て、それに合う眉毛の書き方を意識しましょう。

アーチ眉が似合うメガネ

弧を描くようなアーチ形の眉毛が似合うのは、丸メガネやオーバルと呼ばれる楕円形のメガネです。メガネのフレームが丸みを帯びているので、それに合わせて眉毛も丸い仕上がりになるように描きましょう。

平行眉が似合うメガネ

ウェリントンやスクエア型など、四角いフレームのメガネの方は、平行眉が似合います。フレームの上部分が平行に近いので、眉もそれに合わせ、横に一直線に描くようなイメージです。

ストレート眉が似合うメガネ

フォックス型のように、フレームの外側が上がり気味のメガネには、ストレート眉が似合います。平行眉が横一直線なら、ストレート眉は眉尻に向かって上げ気味に描く眉。こちらも、フレームの形とリンクしたような眉の形ですね。

アイメイク以外のメガネメイクのポイント

最近はマスクをかけていてアイメイク以外はあまり人目に触れないことも多いです。

しかしメガネに似合うアイメイクに仕上げるなら、アイメイク以外の部分のポイントも押さえ、トータルでメガネとのバランスを取ることを意識しましょう。

チークは顔の形に合わせて

メガネをかけているときのメイクは、大人っぽく仕上げるのがおすすめです。チークはオレンジ系のものをやや高めの位置にいれます。

顔の形によっても入れる位置を変えましょう。丸顔なら頬骨からこめかみに向かって、面長の人はメガネのフレームにチークがややかかるように横長に、卵型は他の顔の形よりもやや低めの位置に丸を描くようなイメージでいれてください。

リップをアクセントにして

マスクをしていないシーンを想定した場合、メガネメイクはリップをアクセントにするとよいです。メガネをかけているとどうしてもメガネに視線が集まりがちですが、リップが存在感を出すことで、魅力的な口元に目がいきます。

ツヤツヤプルプルの口元ももちろんよいですが、マスクにリップがつくのがいやだという場合は、マットタイプのものでも構いません。いつもつけるリップよりも少し濃い色にすると、女性らしさがアップします。

ハイライトで明るい印象に

メガネをかけていると影ができて印象が暗くなりがちです。そこでハイライトを入れて明るい印象に変身させましょう。

ハイライトは普段から鼻筋や額に入れる人も多いですが、加えて影ができやすい目の下から頬骨に入れます。さらに目頭を縁取るように「く」の字型にもハイライトを入れることで、目元に自然な明るさを与えられます。

ポイントを押さえてメガネメイクを楽しもう

ナチュラルなアイメイク、フレームに合わせた眉の形を意識すると、メガネ映えするメイクに仕上げることができます。更に、リップやハイライト、チークの入れ方にも工夫を凝らせば、メガネ美人、女性らしいメイクにすることが可能です。

ぜひポイントを押さえたメイクで、メガネのときもより素敵な自分を演出してくださいね。