顔の形とメガネのフレームはどう選ぶ?選び方のポイントと印象

顔の形とメガネのフレームはどう選ぶ?選び方のポイントと印象

ライフスタイル

めがね選びをするときに大切なことは、自分の顔の形を客観的に見ることです。

輪郭に角があるのか、ほっそりしているのか、丸い印象なのか、シャープなのかで、似合うめがねが異なります。

この記事では、顔の形別に似合うめがねをご紹介します。

記事の最後では、フレームによる雰囲気の違いも解説するので、めがねを買う予定がある方は参考にしてみてください。

面長さんに似合うのは横幅のあるめがねがおすすめ

顔の形がほっそりとしている面長の方は、横幅のあるめがねが似合います。

スクエアやウェリントン・ボストン・フォックスタイプの、しっかりフチのあるものがおすすめです。

逆に、下にフチのないハーフリムタイプのめがねは、顔の長さを強調させるのでおすすめできません。

ベース型さんには曲線のあるめがねがおすすめ

顔に角ばった印象があるベース型の方は、めがねに曲線のあるものを選ぶのがおすすめです。

オーバルやハーフリム・ラウンド・ボストンタイプのめがねを選ぶと、角ばった印象をやわらげられます。

逆にスクエアタイプは、顔の印象を強めてしまうためおすすめできません。

三角形さんはどんなめがねも似合う

三角形の顔の形の方は、いろんなタイプのめがねが似合います。

特におすすめなのが、フォックス・オーバル・ボストンです。

どんなめがねの形もバランスが取りやすいので、髪型や、なりたい雰囲気で選びましょう。

丸顔さんはまるみの少ないめがねがおすすめ

丸顔さんはスクエアやハーフリム・オーバルタイプなどの、まるみの少ないめがねを選ぶのがおすすめです。

逆にまるみの強いめがねは、顔にメリハリがなくなってしまうのでおすすめできません。

めがねのフレームによる印象

めがねはフレームの形によって受ける印象が大きく変わります。

それぞれの印象をご紹介します。

ラウンドタイプ

近年人気のラウンドタイプのめがねは、柔らかい印象を与えます。

親しみやすさや、話しかけやすさを演出したいときにおすすめです。

また、リムのほそいものはレトロな印象があります。

スクエアタイプ

直線的なスクエアタイプは、知的でクールな印象です。

スマートさを演出したいときにおすすめです。

ウェリントン・ボストンタイプ

定番のめがねとして定着したウェリントンやボストンタイプは、カジュアルで都会的な印象です。

ウェリントンタイプならば、よりスタイリッシュな雰囲気になります。

ボストンタイプは、落ち着いた雰囲気を演出したい方におすすめです。

フォックスタイプ

フォックスタイプは、威厳のある雰囲気を演出できます。

しっかりとして見せたい場面におすすめです。

ハーフリム

ハーフリムは、すっきりとした印象を与えます。

大人っぽくみせたい場面ときにおすすめです。

リムレス

リムレスのめがねは、自分が持っている雰囲気を壊したくない方におすすめです。

フレームがないため、めがねが与える印象が少なく、万人に似合うフレームです。

自分の顔の形やなりたい雰囲気でめがねのフレームを選ぼう

めがねをかけると、いつもの自分と違った印象になれます。

顔の形以外にも、なりたい雰囲気でフレームを選ぶのもおすすめです。