紫外線を浴び続けるとどうなる?紫外線の恐怖!

紫外線を浴び続けるとどうなる?紫外線の恐怖!

スキンケア

紫外線対策として日焼け止めを塗る、という認識は多くの方がしているかと思います.

しかし「紫外線の何がいけないの?」と問われると「日焼けをする」以外に思いつかないという方もいるのではないでしょうか。

今回は、紫外線を浴び続けると体にどのような影響があるのかについて解説していきます。また、紫外線に注意したい時期や紫外線・日焼け対策の方法についてもご紹介します。

ぜひ最後までチェックしてみてください。

紫外線を浴び続けることによる影響

紫外線を浴び続けると、どのような影響があるのでしょうか。実は紫外線はお肌だけでなく、身体全体にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

紫外線の影響①バリア機能の低下

紫外線を浴び続けると、お肌のバリア機能が低下します。お肌の表面には保護層といって、お肌の水分が蒸発するのを防いだり、微生物などの侵入から守ってくれる部分があります。

この役割を果たしているのは皮脂と角質膜ですが、紫外線によって皮脂が酸化してしまうと、保護層が本来の働きをしなくなり、バリア機能の低下を招きます。

紫外線の影響②肌が老化する

年齢と共に体のさまざまな部分が衰えていくのは自然なことですが、紫外線を浴び続けると、お肌の老化速度が早くなります。実は遺伝が老化の原因となっているのはおよそ20%で、残りの80%は紫外線によるものだと言われているのです。

お肌の老化、劣化は「年のせい」よりも紫外線による部分が大きいというのはビックリですね。

紫外線の影響③DNAも破壊されてしまう

紫外線の影響はお肌の表面だけでなく、体内にも及びます。紫外線を浴び続けると、身体の中でフリーラジカルという健康な細胞を傷つける分子が作られ、DNAを破壊してしまうのです。

「ほんの数分だから」と日焼け対策を何もせずに日差しの強いところへいくと、その少しの時間で紫外線のダメージを受けてしまい、その後何時間も紫外線の恐怖に脅かされることになるので、紫外線対策は常におこなう必要があります。

紫外線の恐怖は夏だけじゃない!

紫外線、というと真夏のジリジリとした強い日差しを連想しますが、その影響は1年中あるといっても過言ではありません。

紫外線のピークは7,8月

多くの方の認識のとおり、紫外線のピークは7,8月。暑くて日差しの強さを感じる時期です。特に7月はUV-Aといって室内にいても注意すべき「生活紫外線」と「レジャー紫外線」ともいわれるUV-Bの両方が1年で最も強いので注意しましょう。

レジャー紫外線は5~8月まで注意!

レジャー紫外線(UV-B)は、春・夏に特に多いです。12月が最も少なく、季節が進むにつれ徐々に増加し、7,8月にピークを迎えます。5月~8月はレジャー紫外線の影響がとても強くなるので、ちょっとした外出の際にもしっかりと紫外線対策をしましょう。

冬場も紫外線の影響は少なくない

レジャー紫外線は夏場と比較すると、10~2月頃まではその量が大きく低下します。生活紫外線(UV-A)も夏場に比べれば減りますが、減少率はそこまで大きくないので冬場も夏場と同じような対策をしたほうがよいと言われています。

紫外線対策は1年通して大切!その方法は

2種類の紫外線の影響を考えると、紫外線対策は年間を通してしっかりと行うべきだとわかります。正しい対策でお肌を紫外線から守るには、どのような方法をとればよいのでしょうか。

紫外線対策①日焼け止めの使い方

紫外線対策、日焼け対策といえば日焼け止めですが、使い方を間違えればその効果は薄まってしまいます。日焼け止めにはPAやSPFといった表示があり、PAの「+」が多いものは生活紫外線(UV-A)、SPFの数値が高いものはレジャー紫外線(UV-B)の対策に向いています。

ですから、季節によってPAやSPFの強さを使い分けるとより高い効果が期待できます。

紫外線対策②日焼け対策グッズの活用

日焼け止めだけでなく、さまざまな日焼け対策グッズを活用することで、より日焼けや紫外線からお肌を守ることができます。日傘や帽子、アームカバーなどはお肌や頭皮に紫外線が直接当たるのを防ぐのに効果的です。

また、サングラスはまぶしさを軽減するだけでなく、紫外線が眼球に与えるダメージを抑えるのにも役立ちます。

紫外線対策③身体の内側からのケアも忘れずに

紫外線対策はお肌の表面に目が向きがちですが、食生活を意識することで、内側からもケアすることができます。紫外線にはビタミンA、C、Eを含む食べ物がおすすめです。抗酸化作用があり、体の中からダメージをケアしてくれます。

ビタミンAはレバーやにんじん、ビタミンCはレモンやいちご、ビタミンEはアーモンドや卵などに多く含まれていますので、ぜひ普段の食事に取り入れてみてください。

正しい日焼け対策で紫外線からお肌を守ろう

紫外線を浴び続けると、お肌はもちろん身体全体に悪影響があるため注意が必要です。季節に合わせた日焼け対策、紫外線対策をしっかりとして、参加を防ぎ美肌と健康をキープしましょう。