家庭用脱毛器でVIO脱毛はできる?やり方や注意点を解説

家庭用脱毛器でVIO脱毛はできる?やり方や注意点を解説

others

脇や腕などと共にVIO脱毛をする人が増え、脱毛部位も人気上位に入るほど。しかし、脇や腕などに比べ、デリケートゾーンは人に見せるには抵抗もあり、自宅で処理する人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、家庭用脱毛器でVIO脱毛はできるのか、自己処理の方法や注意点を解説します。

家庭用脱毛器によってはVIO脱毛できる

家庭用脱毛器での脱毛は可能です。メーカーによってはVIOに対応していないものもあるため、購入する前に必ず確認しましょう。

現在販売されている家庭用脱毛器にはレーザー式とフラッシュ式があります。レーザー式は買うかを感じやすいですが、痛みが感じやすいのが特徴です。フラッシュ式は効果は緩やかですが、痛みを感じにくいのが特徴。

効果の高いレーザー式にしたい人も多いかと思いますが、VIOはデリケートな部分。できるだけ肌への負担が少ないフラッシュ式がおすすめです。

セルフVIO脱毛の手順

セルフVIO脱毛の手順①|脱毛した部分をシェービングする

フラッシュ式脱毛をする場合、必ずシェービングしてから行います。表面に毛が残っていると痛みを感じる原因にもなるため、しっかり処理しましょう。

また、カミソリを使用すると肌が傷ついて脱毛時に痛みが生じることもあるため、脱毛前は電気シェーバーがおすすめです。

セルフVIO脱毛の手順②|低出力で光照射する

デリケートゾーンは太くて濃い毛が多いため、最初は痛みを感じやすくなります。痛みや肌への負担を避けるため、徐々に出力を上げるようにしましょう。

セルフVIO脱毛の手順③|保湿する

脱毛で熱を帯びた肌はしっかり冷却・保湿しましょう。また、脱毛した日から数日後も保湿することで脱毛の経過が良くなりますよ。

家庭用脱毛器を使い際の注意点

家庭用脱毛器では永久脱毛はできない

永久脱毛は医療行為となるため家庭用脱毛器では永久脱毛はできませんが、抑毛や減毛の効果を得ることはできます。

永久脱毛したい場合は脱毛サロンなどを検討しましょう。

粘膜に当てないように注意する

粘膜部分は皮膚が薄く敏感なため、光が当たると痛みや火傷をする恐れがあります。そのため、白い布やショーツできちんと保護しましょう。

同じ箇所に何度も当てない

何度も同じ部分に光を照射すると、肌に負担がかかります。特に皮膚の薄いVIOは、痛みを感じやすく傷つきやすいため注意しましょう。

家庭用脱毛器で肌に優しくVIO脱毛を

家庭用脱毛器ならVIOを他人に見せる必要がなく、好きなタイミングで脱毛することができます。また、カミソリなどの処理により肌に負担をかけることもありません。

永久脱毛はできなくても、抑毛・減毛させたい人におすすめといえるでしょう。

自分に合った家庭用脱毛器で、VIO脱毛にチャレンジしてみてくださいね!