【貼るだけ簡単】ホワイトニングテープの使い方と注意点をご紹介

【貼るだけ簡単】ホワイトニングテープの使い方と注意点をご紹介

others

ホワイトニングに興味はあるけど歯医者に行くのはめんどくさい、値段が高くて手が出しにくいという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、自宅にいながら簡単にホワイトニングができる「ホワイトニングテープ」をご紹介いたします。

ホワイトニングテープってどんなもの?

ホワイトニングテープは、歯の漂白成分である過酸化水素が含まれたテープです。これを歯に張り付けることで、簡単にホワイトニングができてしまいます。

ですが、ホワイトニングテープは、まだ日本で認可されていません。そのため、並行輸入品を扱うサイトから購入するようにしましょう。

ホワイトニングテープの使い方

ホワイトニングテープは正しく使えばより高い効果が期待できますよ。

ホワイトニングテープの使い方①|歯の表面をきれいにする

ホワイトニングテープを貼る前に、口をゆすいできれいにします。歯に歯垢や歯石が付いた状態でテープを貼っても薬液が浸透せず、色がまだらになる可能性があるので注意が必要です。歯磨きをする場合は、歯磨き粉など何もつけずに磨きましょう。

ホワイトニングテープの使い方②|ホワイトニングテープを貼る

薬液が付いている面を歯に密着させます。ムラにならないよう、ゆっくり丁寧に貼りましょう。

ホワイトニングテープの使い方③|テープを剥がして歯磨きする

テープを貼り、指定時間放置します。時間になったらゆっくり剥がし、歯磨きをして薬剤を落としましょう。

また、指定時間以上放置すると知覚過敏などの症状が出ることもあるため注意してください。

ホワイトニングテープの注意点

ホワイトニングテープの注意点①|使用後は食事に気を付ける

ホワイトニングテープを使用した歯の表面は、着色しやすい状態になっています。そのため使用後24時間程度は、色の濃い物や着色しやすい物は食べたり飲んだりできません。

ホワイトニングテープの注意点②|被せ物や治療中の歯には使用しない

被せ物や神経を取った歯には効果がありません。また、むし歯などの治療中の歯に使用すると強い痛みが出ることもあります。

ホワイトニングテープの注意点③|歯茎に触れると炎症を起こす可能性も

ホワイトニングテープに使用されている薬剤は、歯茎に付くとただれたり腫れたりすることもあります。テープを貼るときは歯茎に触れないよう注意しましょう。

ホワイトニングで笑顔に自信を

歯が1トーンでも白くなると、気持ちも上がって嬉しくなりますよね。ホワイトニングテープは気軽に手に入る商品であり、効果も実感できるでしょう。ですが、日本では未認可のもの。使用の際は十分注意してください。

気になる方は一度チェックしてみましょう!